カンタンネット引越しお見積り
ミニ引越サービスセンター
〒223-0057
横浜市港北区新羽町771
SSL グローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

トップページ > お引越し予備知識 > 荷作り方法
荷作り方法

スムーズに引越しするための荷物毎の梱包方法を掲載しました。

上手な荷作りでラクラクお引越。
洋服タンス
ハンガーに掛かったものは、当日スタッフの手によってハンガーBOXに掛けさせていただきます。
それ以外の折りたたまれているお洋服はダンボールに梱包してください。
(ハンガーBOXは当日お持ちしますのでご利用下さい。)
和タンス
和服専用ケースを当社でご用意させていただきますので、梱包にお使いください。
整理タンス
小さな整理タンスの場合は中身を入れたままでもお運びすることが可能です。大きな整理タンスをお持ちの場合は可能な範囲で上の引き出しからダンボールに詰めてください。

洗濯機
洗濯槽を空にして、水を完全に抜いておいてください。後は当日のスタッフにお任せください。
(洗濯機のご使用後は給水している水道の蛇口を必ず閉めて下さい。)
電子レンジ
レンジの中皿を出しておいていただければ、そのままの状態で結構です。
冷蔵庫
中味は空にしておいて下さい。ご希望の方は当日クーラーBOXをご用意致します。
ただし、冷凍庫に霜がたくさんついている場合などは、早めに電源を切って霜を溶かしておく必要があります。
引越し後2時間はご使用をお控え下さい。
TV・オーディオ類
コード類をまとめておきます。
(エアコン・テレビ等のリモコンは箱詰めしないで下さい。)
食器・割れ物
個別に包み、コップなど縦に重ねて詰めます。お皿なども縦の状態で詰めていってください。
隙間には詰め物をきつく入れてください。
パソコン
運搬中のトラックの振動による破損は保険の対象外です。データのバックアップはお客様自身の手で必ず取って下さい。専用箱があればお使いいただいた方がより安全です。配線はお客様の方でお願い致します。
(モニターと本体は当社で専用の梱包資材で梱包致します。)
灯油ストーブ
灯油を完全に抜いてください。
鍋・本類
鍋や本は、ダンボールに入れて空間のできない様に隙間に小物を詰めてください。
稀に紐で縛っている方もいらっしゃいますが、運搬中に解けることが多いため好ましくありません。
布団
軽いものから重ねていき、上から布団袋(当社でご用意)をかぶせ、ひっくり返して下さい。
人形ケース
中身が動かないようにケースと人形の隙間を布や新聞紙で埋めていきます。箱が残っていれば入れてて紐をかけてください。
植木鉢
ダンボールの口を開けた状態で、詰め込んでいきます。
隙間に詰め物をして鉢が動かないようにしてください。